戯曲No.2 朝焼け色のバス停

登場人物:7人

[男:3人 / 女:4人]


上演時間:20~25分


ジャンル:シリアス 青春もの 恋愛


あらすじ:舞台はとある高校前のバス停。1人の少女がベンチに腰掛けている。来るバスには決して乗らず、誰かが来るのをひたすら待っている。しばらくしてやってくるのは、同じ人を好きになってしまった3人の女子高生、卒業前に留年を決意する男子高校生と、それを止めようとする同級生。ついに少女の待ち人がやってきて、少女はある言葉を投げかける…。卒業を前に揺れ動く高校生の気持ちの機微を描いた青春物語。


作品のポイント:オムニバスを3本まとめたような構成です。2本のオムニバスを通して少女の気持ちが変化していく様を描きたくて執筆しました。オムニバス形式を取ることで、前半はコメディ、後半はシリアスという他の話ではできない構造を実現しています。素直に自分の気持ちを打ち明けること。つい忘れがちなメッセージを伝えるこの作品は新入生歓迎会や卒業生を送る会といった学校生活の節目で上演すると、観客の心にも深く残るかと思います。


ダウンロードはこちらから!

20 minutes~短編戯曲配信所~

東海地方を中心に活動しております、 脚本家みつむらが自身の作品を アップロードするためのページです。 戯曲の書き方についても、書いていきます。 全国の高校演劇部の皆様へ向けて 上演時間20分程度の短編戯曲をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000